第134回アルゴリズム研究会プログラム

日時・会場

日程:平成23年3月7日 (月)
会場:琉球大学工学部 工学部1号館322教室
住所:〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
交通案内:会場へのアクセスは以下の URL をご参照下さい。
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/campus_map.html
(名嘉村先生によるメモ)
現地世話人:名嘉村 盛和 先生(琉球大学)

※ 会場が発表募集時から変更されております.ご注意ください.

発表題目

発表番号時間題目著者 (○は発表者)など
134-19:00-9:20Approximating the path-distance-width for k-cocomparability graphs大舘陽太(東北大), 斎藤寿樹(JST,ERATO), 山中克久(電通大), 来嶋秀治(九大), 岡本吉央(JAIST), 小野廣隆(九大), 宇野裕之(大阪府大), 山崎浩一(群馬大)
134-29:20-9:40タブローの最適配置問題安齋進也, 全眞嬉(東北大), コルマン マティアス (ブリュッセル自由大), 徳山豪(東北大)
134-39:40-10:002次の効用関数に関する組合せオークションにおける最適配分問題のアルゴリズム塩浦昭義○鈴木瞬也(東北大)
134-410:00-10:20Hardness and FPT Algorithm for the Rainbow Connectivity of GraphsTakanori Aoki, Takehiro Ito, Akira Suzuki, Kei Uchizawa, Xiao Zhou (Tohoku University)
134-510:30-10:50Accelerating A* algorithms by sweeping out small-degree nodesLiang Zhao, ○Pipaporn Eumthurapojn, Hiroshi Nagamochi (Kyoto University)
134-610:50-11:10k-cyclic Orientations of Graphs小林靖明(明治大), 宮本裕一郎(上智大), 玉木久夫(明治大)
134-711:10-11:30グラフの自動描画における交差を考慮した巨大近傍探索渡部弘基, 玉木久夫(明治大学)
134-811:30-11:50カンファレンスプログラム編成のための局所探索法の改良上原康史, 田岡智志, 渡邉敏正(広島大)
134-913:00-13:20文法型圧縮法の全二分木表現による符号化とランダムアクセス手法の提案丸山 史郎馬場雅大(九大), 岸上直也, 坂本比呂志(九工大)
134-1013:20-13:40圧縮テキスト上での VLDC パターン照合問題山本卓典坂内英夫, 稲永俊介, 竹田正幸(九州大学)
134-1113:40-14:00圧縮テキスト上での n-gram 非重複頻度の効率的な計算とその応用後藤啓介, 坂内英夫, 稲永俊介, 竹田正幸(九州大学)
134-1214:10-14:30Online prediction over permutahedronShota Yasutake, Kohei Hatano, Shuji Kijima, Eiji Takimoto, MasayukiTakeda (Kyushu University)
134-1314:30-14:50資源増加を許したOVSF符号割当問題に対する2競合アルゴリズム朝廣雄一 (九州産業大学), 上米良謙太, 宮野英次(九州工業大学)
134-1414:50-15:10On an Insider Resistant Authentication Protocol and Its Security加藤公一, 八津川直伸(日本ユニシス株式会社), 白石哲也(ユニアデックス株式会社)
134-1515:10-15:25Balanced $(C_5,C_{16})$-Foil Designs and Related Designs(ショートトーク)潮和彦(近畿大)
134-1615:50-16:10確率的な通信時間を持つネットワークにおけるブロードキャスト時間の計算手法安藤映(崇城大), Joseph Peters (SFU)
134-1716:10-16:30ZDDを用いたパスの列挙とその性能評価斎藤寿樹川原純, 吉仲亮(JST, ERATO), 鈴木拡, 湊真一(北海道大学)
134-1816:30-16:50Hoffmanパズル解の列挙と一般化に関する研究後藤新, 上原隆平(JAIST)
134-1916:50-17:10複数の単位円による点集合の排他的被覆岡山 陽介清見礼, 上原隆平(JAIST)
134-2017:20-17:40DAGを構成する故障封じ込め自己安定プロトコルについて三浦哲平, 片山喜章, 和田幸一, 高橋直久(名工大)
134-2117:40-18:00Self-stabilizing and fault-containing leader election resilient to time-bounded Byzantine faultsYukiko Yamauchi(NAIST), Toshimitsu Masuzawa (Osaka Univ.), Doina Bein (Penn State Univ.)
134-2218:00-18:20Around the constructive orbit problem in distributed constraint programmingXavier Olive, Hiroshi Nakashima (Kyoto University)
134-2318:20-18:40Variable and value symmetry breaking by dominance detection in distributed constraint programmingXavier Olive, Hiroshi Nakashima (Kyoto University)

Valid XHTML 1.1