第180回アルゴリズム研究会プログラム

日時・会場

日程令和2年11月25日(水)~26日(木)
会場 オンライン開催

オンラインで開催します

オンライン開催における「会場」にあたるZoom会議室のURL情報をお送りしますので,参加登録をお願いします.(当日でも可) 詳しくはこちらをご覧ください. 非会員の方もマイページを利用することができます.

研究会登録会員も、URLの取得と参加者数の把握のため、参加申し込みだけはしていただくことになります.

参考資料:全国大会時の利用の手引き

お知らせ

今回は電子情報通信学会(IEICE)回路とシステム研究会(CAS)およびシステム数理と応用研究会(MSS)との合同で開催されます.

発表題目

発表番号時間題目著者(○は発表者)など
11月25日(水) 13:00-17:50
MSS 13:00-13:25 IoTシステムのデータストリームプログラミングモデルに関する研究 ○加田 豪・モハマド アヌアルッディン ビン アハマドン(山口大)
MSS 13:25-13:50 局地的豪雨の予測方式の検討 ~ 機械学習による雨雲レーダ画像の推移予測 ~ ○今井励哉・狩田 亮・大島一能(阪工大)
MSS 13:50-14:15 局地的豪雨の予測方式の検討 ~ 雲画像へのKmeans法と深層距離学習の適用と評価 ~ ○狩田 亮・今井励哉・大島一能(阪工大)
14:15-14:35 休憩
AL-1 14:35-15:00 Minimizing a Vertex Set Satisfying Specific Graph Properties ○Yuma Tamura, Takehiro Ito, Xiao Zhou (Tohoku University)
AL-2 15:00-15:25 メニエルグラフと交差弦グラフを表すZDDの構築アルゴリズム ○馬場 瑛義(奈良先端科学技術大学院大学),川原 純(京都大学),笠原 正治(奈良先端科学技術大学院大学)
AL-3 15:25-15:50 On Three-Directional Orthogonal Ray Cacti Hiroki Katusmata, ○Satoshi Tayu (Tokyo Institute of Technology)
15:50-16:10 休憩
MSS 16:10-16:35 行確率性に基づく有向グラフ上の不等式制約付き分散凸最適化 ○佐久間宏彬・林 直樹・高井重昌(阪大)
MSS 16:35-17:00 代数的連結度推定のための擬似分散的連続時間アルゴリズムの一般化 ○島田捷生・右田剛史・高橋規一(岡山大)
MSS 17:00-17:25 乗法型更新と合意形成に基づく非負値行列因子分解の分散計算アルゴリズム ○道免陽平・右田剛史・高橋規一(岡山大)
MSS 17:25-17:50 ノイズダイナミクスを含むブーリアンネットワークのデータ駆動型最適再構成 ○小林孝一(北大)・呉 玉虎(大連理工大)
11月26日(木) 10:45-17:50
MSS 10:45-11:10 東洋医学における鍼灸治療に向けた支援システムの提案 ○甘 泉(山口大)・呉 靭(山口短大)・中田 充・葛 崎偉(山口大)
MSS 11:10-11:35 東洋医学の問診データベースの構築 ○田中 賢・甘 泉(山口大)・呉 靭(山口短大)・中田 充・葛 崎偉(山口大)
MSS 11:35-12:00 東洋医学の舌診を支援するための舌の自動認識および分類 安 振宇・○野中えみり(山口大)・呉 靭(山口短大)・中田 充・葛 崎偉(山口大)
12:00-13:00 休憩
CAS 13:00-13:25 トランスを用いた整合回路への一考察 ○田中 聡(村田製作所)
CAS 13:25-13:50 Q-Learningを用いたアナログ回路の素子値決定における学習精度及び効率改善 ○山崎優一・佐藤隆英・小川覚美(山梨大)
CAS 13:50-14:15 べき乗関数活性化関数を持つ残差ニューラルネットワークによる乗算について ○小澤和也・磯貝海斗・岡崎秀晃(湘南工科大)
CAS 14:15-14:40 マルチロータによる物資運搬のモデリングについて ○磯貝海斗・岡崎秀晃(湘南工科大)
14:40-15:00 休憩
MSS 15:00-15:25 選択可能タスクの削減を考慮した複数種エージェントに対する大域最適タスク割当法 ○渡邉大樹(阪大)・金澤尚史(摂南大)
MSS 15:25-15:50 ブロックチェーンマイニングの意思決定問題の解析 ~ マイナーが3人の場合 ~ ○戸田康介・久世尚美・潮 俊光(阪大)
MSS 15:50-16:15 人間の意志決定を含むエネルギー管理システムのモデル予測制御 ○島本翔悟・小林孝一・山下 裕(北大)
MSS 16:15-16:40 分散エネルギー管理システムにおける交互方向乗数法と制約最適化を利用した起動停止計画 ○井上雄太・宮本俊幸(阪大)
16:40-17:00 休憩
AL-4 17:00-17:25 An algorithm to reduce primality testing cost ○Kaede Sasaki (No affiliation)
AL-5 17:25-17:50 グラフスペクトルによる多項式時間最大クリーク抽出 ○大戸 康紀(無所属)

今回は一般発表25分(発表20分+質疑5分)で行います.

本研究会は無査読で実施しています.